伊豆市所蔵美術品デジタルミュージアム

磯田長秋 (いそだちょうしゅう)

明治13-昭和22年(1880-1947)
 東京日本橋生まれ。はじめ狩野派を学び、明治29年橋本雅邦(はしもとがほう)に入門。30年からは小堀鞆音(こぼりともと)に師事し歴史画を学ぶ。31年には安田靫彦らとともに紫紅会(しこうかい)(後の紅児会)を結成、歴史画の研鑚(けんさん)に努めた。大正2年の紅児会解散後、文展・帝展で活躍し、昭和元年には帝展委員となる。紅児会の画家の多くが後に歴史画以外の主題にも作画領域を広げたのに対し、長秋は最後まで歴史画を中心に描き続けた。
 「猿廻し」は、紅児会や赤曜会の若手画家のパトロン的存在であった川上五郎が晩年を過ごした沼津に伝え残されたものである。

猿廻し

1幅

軸・紙・淡彩

131.7cm × 29.4cm

1 / 11