伊豆市所蔵美術品デジタルミュージアム

加藤淘綾 (かとうとうりょう)

明治34-昭和62年(1901-1987)
 神奈川県大磯町に生れる。本名猛四郎(たけしろう)。大正5,6年ころ安田靫彦に入門。同10年、再興日本美術院展(院展)に「呪縛されたる魔神」が初入選。以後、院展に出品を続けて院友となるが、展覧会の為に気の進まない大作を描くことに疑問を抱き、師の許しを得て、昭和26年頃から院展への出品をやめた。その後は、好きな山に取材してスケッチ展を開いたり、歌集を出版するなど独自の表現を貫いた。スケッチの多くは、歌人である斉藤茂吉(さいとうもきち)の記念館(山形県)に保管されている。

no_image

6曲1隻

昭和9年

屏・紙・着色

175.3cm × 396.0cm

1 / 11