伊豆市所蔵美術品デジタルミュージアム

黒田古郷 (くろだこきょう)

明治26-昭和42年(1893-1967)
 東京に生まれる。本名清造。松本楓湖(まつもとふうこ)に学ぶ。大正3年に今村紫紅(いまむらしこう)、速水御舟(はやみぎょしゅう)らと赤曜会(せきようかい)を結成し、再興日本美術院展には院友として参加。大正13年に小林古径(こばやしこけい)、速水御舟らと四国、九州、山陰を約1ヶ月旅行。「備後鞆津写生」はその折に制作されたものか。
 本図は、紅児会や赤曜会の画家らを支援した川上五郎氏のコレクションとして沼津に伝えられた作品の一部。川上氏は明治座の支配人を務めていたが、転地療養のため靫彦が仮寓する沼津へ移住し、終生を過ごした。

no_image

備後鞆津写生

1幅

大正後期

軸・紙・着色

18.0cm × 20.9cm

1 / 11