伊豆市所蔵美術品デジタルミュージアム

長野草風 (ながのそうふう)

明治15-昭和24年(1885-1949)
 東京都文京区生まれ。本名守敬。明治31年頃から邨田丹陵(むらたたんりょう)に師事、37年頃川合玉堂(かわいぎょくどう)に入門し草風と号した。明治末年から大正2年まで紅児会(こうじかい)に加わり安田靫彦らとともに活動。大正3年からは再興日本美術院に参加、2年後には同人に推挙され以後院展で活躍した。
 明治末、伊豆で療養中の安田靫彦に会うため同地に脚を運んだ草風だが、彼自身も新婚時代を沼津で過ごした。「蔦紅葉」は、明治座の支配人で、後に紅児会・赤曜会の画家たちのパトロンとなり、草風にとっては仲人(なこうど)ともなった川上五郎(かわかみごろう)の旧蔵品。

蔦紅葉

1幅

明治末~大正

軸・絹・着色

121.5cm × 28.0cm

1 / 11