伊豆市所蔵美術品デジタルミュージアム

三輪の杉 [みわのすぎ]

員数:
1幅
制作年:
明治末~大正初
材質:
軸・絹・着色
サイズ:
126.0cm × 41.8cm

 『古事記』に取材した作品。神話の内容は、自分のもとに通ってくる立派な男が誰なのかを知ろうとした娘が、男の着物に麻糸を通した針を付けたところ、翌朝男の姿はなく、戸の鍵穴から糸が外に出ていたので、その糸をたどって行くと、山の社に至り、男がその社の神であったことを知る。このとき娘の家には長い糸の端が3輪残っていたので、その山を三輪山と呼ぶようになったというものである。石井林響にも同名の作品がある。