伊豆市所蔵美術品デジタルミュージアム

安田靫彦 (やすだゆきひこ)

明治17-昭和53年(1884-1978)
 東京生まれ。本名新三郎(しんざぶろう)。明治31年小堀鞆音(こぼりともと)に入門。間もなく同門の若い仲間たちと紅児会(こうじかい)というグループを作って、新しい日本画の研究を行った。大正3年からは横山大観(よこやまたいかん)らとともに、再興日本美術院の同人となって活躍。源義経(みなもとのよしつね)など、歴史上の人物を描いた作品に特に定評があった。昭和23年文化勲章受章。
 明治42年、修善寺温泉の旅館の主(あるじ)、相原寛太郎氏(号・沐芳(もくほう))の招きで、病気療養のため約5か月間、同氏の営む旅館に滞在。ついで44年末まで沼津で静養に努めた。沐芳氏との交流は終生続き、多くの作品が相原家に伝えられることとなった。

no_image

吉野決別

1幅

明治32年

軸・紙・着色

173.5cm × 93.0cm

no_image

醍醐観花

1幅

明治40年

軸・絹・着色

109.9cm × 41.1cm

no_image

達磨

1幅

明治44年頃

軸・絹・着色

112.5cm × 42.3cm

no_image

拈華微笑

1幅

明治44年

軸・絹・着色

113.4cm × 43.4cm

no_image

弁財天

1幅

明治44年頃

軸・絹・着色

113.0cm × 41.4cm

no_image

大原御幸

1幅

明治44年頃

軸・絹・着色

115.7cm × 41.9cm

no_image

十六羅漢

1幅

明治44年頃

軸・絹・着色

111.5cm × 42.2cm

no_image

六歌仙

1幅

明治44年頃

軸・絹・着色

109.5cm × 41.5cm

no_image

竹内宿祢

1幅

明治44年頃

軸・絹・着色

115.0cm × 43.5cm

no_image

上宮太子

1幅

大正元年頃

軸・絹・着色

126.9cm × 51.1cm

1 / 512345