伊豆市所蔵美術品デジタルミュージアム

横山大観 (よこやまたいかん)

明治元-昭和33年(1868-1958)
 水戸市生まれ。本名秀麿(ひでまろ)。東京美術学校(今日の東京芸術大学美術学部)第1期生。明治31年、岡倉天心(おかくらてんしん)に従い日本美術院の創設に加わる。天心没後、大正3年には衰退していた日本美術院を再興、以後その中心となって活躍した。明治・大正・昭和を通じた日本を代表する画家である。昭和12年、第1回文化勲章受章。
 大観は、明治末から静養、あるいは作品制作のために、修善寺や沼津をしばしば訪れた。富士山を生涯にわたって描き続けたことでも知られるが、達磨山(だるまやま)からの眺めをとりわけ好んでいたという。

白鷺

1幅

明治42年頃

軸・絹・着色

108.0cm × 40.1cm

雨後

1幅

明治44年頃

軸・絹・淡彩

118.4cm × 41.6cm

柳陰清談

1幅

明治43年頃

軸・絹・着色

130.5cm × 50.4cm

松竹遊禽

6曲1双

大正元年頃

屏・紙・金地着色

各 163.2cm × 327.6cm

長江の朝

1幅

大正元年頃

軸・絹・墨

24.7cm × 35.1cm

春寒

1幅

大正13年頃

軸・紙・着色

61.6cm × 44.2cm

山上の家

1幅

昭和5年頃

軸・紙・墨

53.8cm × 129.8cm

神州第一峰

1幅

昭和5年

軸・紙・墨

86.0cm × 151.9cm

叭叭鳥

1幅

大正6年

軸・紙・墨

139.0cm × 51.2cm

1 / 11