伊豆市所蔵美術品デジタルミュージアム

吉原雅風 (よしわらがふう)

明治15-昭和5年(1882-1930)
 埼玉県熊谷市生まれ。本名義雄。明治31年、橋本雅邦(がほう)に師事。36年東京美術学校卒。二葉会など小団体での活動をへて、大正年間には官展の場で活躍。伝統的な水墨山水画の様式を基本とした堅実な画風を特徴とする。
 伊豆市の日本画コレクションの中心となる院展系の画家とは、異なる系統に属するが、彼もまた明治末よりこの地を訪れ、作画活動をおこなった画家のひとりである。

秋山行旅

1幅

明治末

軸・紙・着色

113.3cm × 46.4cm

1 / 11